2013-03-21

『ハーモニー』から『虐殺器官』へ

せっかく読んだので軽く書評を。


ハーモニー (ハヤカワ文庫JA)
ハーモニー (ハヤカワ文庫JA)

虐殺器官 (ハヤカワ文庫JA)
虐殺器官 (ハヤカワ文庫JA)


『ハーモニー』から先に読み始めました。理由は知り合いから『虐殺器官』に使われているギミックを先に聞いていて、ある程度知っていたので、知らない方から先に読んでみようってことで『ハーモニー』を先に読んだのです。

個人的には『虐殺器官』より『ハーモニー』の方が完成度が高いと思ったし、物語の内容自体も『ハーモニー』の方が楽しめたので、「ハーモニーから読む」という外道もありだと思います。なぜ外道かというと、『ハーモニー』は『虐殺器官』の「X年後」として読むことも可能だからです。でも逆に「X年前」として読むことも可能なわけです。

SFはちょくちょく読んでいるのですが、この二作で火が着きました。円城塔を3冊、そして安部公房を2冊、買ってしまいました。