2014-06-21

【初心者向け】最速で Rails 開発環境構築



Rails 開発をはじめるにあったっていちばん大変なのは環境構築です。

最近発売された『パーフェクト Ruby on Rails』は良書ですが、本書で紹介されているよりももっと簡単に環境構築はできます。

環境構築の大変さでつまずいてしまうともったいないので、簡単に最速で開発環境を構築できる方法を紹介します。



本記事の対象


Mac OSX ユーザー

※Windows ユーザーの方: 『パーフェクト Ruby on Rails』の巻末の付録は Windows 向けに Ubuntu 環境構築の方法が丁寧に紹介されています。



最速で環境構築


1. ターミナルを立ち上げ homebrew で git を入れる。

$ ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.github.com/Homebrew/homebrew/go/install)"
$ brew install git


2. virtualbox と vagrant をインストールする。

※難易度: Chrome をインストールするのと同等



3. Rails 本家で用意されている開発環境 rails-dev-box をもらってくる。

$ git clone git@github.com:rails/rails-dev-box.git
$ cd rails-dev-box
$ vagrant up


4. vagrant 環境に『パーフェクトRails』で指定されているバージョンの Rails を入れる。

$ vagrant ssh
$ gem install rails -v 4.1.1 --no-rdoc --no-ri


5. Rails アプリをつくってアクセスしてみる。

$ cd /vagrant
$ rails new myapp
$ rails s

ブラウザーで http://localhost:3000 にアクセスするとアプリケーションが見えます。



Next Step


↓のチュートリアルをやってみましょう。

Ruby on Rails チュートリアル: 実例を使って Rails を学ぼう

『パーフェクト Ruby on Rails』の3章目以降はこのチュートリアルをやったあとに読んだほうが効率がいいと思います。